凪LOGO_BK_light_edit-c.gif

NAOKI  KIMURA

fine art photography

Exhibition's  Movies

『木村尚樹展』 2018

―凪・外伝 - nagi - anecdote―

'18.9.15(土)~9.22(土)10:30~18:30

<初日15:00から/土曜17:00まで

日本で3年ぶりとなる個展。

ライフワークとしてのコンセプト「凪」の新作及び未発表作品を展示。

被写体を日本にした未発表作品をはじめ、New Yorkでの撮り下ろしを

含む20点以上を展示。

「写真」を美術品として扱う、日本では数少ないアプローチでの開催。

特に、絵画・陶芸などを中心に扱う国内画廊での写真作品の展示は、

他に類を見ない試みとなっている。

The Soei Gallery, Ginza Japan presents “The anecdote- Nagi” a solo exhibition of New works and unreleased works of the concept "Nagi" as a life work are exhibited. It displays not only unreleased works that made the subject in Japan, but also more than 20 works that include shoots in New York.

"Photo" is not much treated as a work of art in Japan, however this exhibition will be held with an unusual approach.

 

Especially exhibitions of photographic works at traditional domestic galleries mainly focusing on paintings, ceramics etc,

It is an unparalleled attempt.

Also This is his solo exhibition in Japan for the first time in three years.

throgh the window.jpg

Naoki Kimura Exhibition

2015/06/24 wed - 07/25 sat

木村尚樹「through the window -降り積もる光-」展

窓をテーマに、木村の世界観を再構築しようと試みる展覧会

The  series Nagi (Shinnihon Publishing) embodies his seminal work, a brilliant description of the beauty of light and shadow intertwining within the intersection of time and space, and carving into it a powerful reflection on antiquity. The upcoming exhibition takes windows as theme and represents a recreation of Kimura’s interpretation of the world as illustrated in Nagi.

『凪-Nagi-』(新日本出版社)は、古(いにしえ)の思念を刻んだ空間と時間軸の交点にある事象を、光と影が織りなす瞬間の美を捉えた木村尚樹氏の代表作。 今展では、本シリーズの中から、「窓」をテーマにした作品を選りすぐり、氏の世界観を再構築しようと試みる展覧会です。 

Naoki Kimura Exhibition

2014/11/26 wed - 11/29 sat

木村尚樹「凪」写真集「凪」出版記念展

Nagi Photo Book Publication Commemorative Exhibition

 

Emon Photo Gallery is to hold a special 5-day commemorative exhibition to celebrate the publication of Nagi, a book of photographs shot all over Europe by Naoki Kimura. This series of photographs takes as subject the historical architecture of the cities of Europe. The buildings are captured in light that descends like a vale; soft, enveloping light; sharp, penetrating light. Kimura perceives the light that depicts these structures—stained with the weight of history—with a carefully composed frame, resulting in moments of beauty. On display will be 25 painstakingly developed gelatin silver original prints. 

光と影が織りなす玉響の時

 

この作品「凪」の制作において、モチーフとしてルネサンス文化を歴史的背景に持つ空気感を有する場所が主体となっている。

モノクローム写真の持つ、現実を明確に抽象化する特性は、氏の作風の中核を担っていると言えるだろう。

ブローニーフィルムをハッセルブラッドに巻き込み、撮影が終わると、現像からプリントまで彼自身がすべてを行っている。プリントはただ一枚の印画紙に過ぎないが、物質的な存在感を蓄えるために自らの手で暗室作業を行い、丁寧にスポッティング作業までもおこたらない。 

今展では、その美しいゼラチンシルバープリント約22点の展覧の他、写真集とセットにしたスペシャルセットを限定販売する4日間の企画展。

B&W Exhibition -Special Exhibition-

2013/07/17 wed - 08/09 fri

モノクロームフォト展につづく第二弾。

Following last month’s monochrome exhibition, we present the second edition of the EMON Director’s Choice series, introducing pieces as rare as they are mesmerizing.The exhibition includes the photographs of Hideo Tobita, each one the only one that has, and will, ever exist.As well as the photographs of David Fokos, of which only the artist proofs remain.

 

David Focos

Hideo Tobita

Naoki Kimura

 

モノクロームフォト展につづく第二弾。

世界にただひとつ、たった一枚しか存在しない飛田氏の写真。 アーティストプルーフ(A/P)が残るのみとなったDavid Fokos氏の作品など、 希少価値のある作品を特別にご案内いたします。

 

出展作家:デーヴィッド・フォコス、飛田英夫、木村尚樹

EMON SELECTION Vol.2

2011.11.17 thu - 12.09 fri

「PORTRAITS 写真家と被写体との距離」

ポートレートは身近にあって奥深い。そこにはルールもなければ定義も無い。しかしあえて言うならば、互いの関係性の中に意図しない偶然が入る 隙間が在るということだ。それは「写真」ならではの魅力に違いない。 今回エモン・セレクション Vol.2 でご紹介するポートレートは、フィルムを用いた撮影で作品制作をしている 6 人の写真家の作品を展覧いたします。 展示作家は木村尚樹、公文健太郎、中藤毅彦、西山尚紀、横浪修、鷲尾和彦の6名です。

Silent Monochrome -Living with Photography-

2010.06.02 wed - 06.30 wed

David Fokos・木村尚樹・海沼武史・Coju Hemmi 4名の作家によるサイレントモノクロームの世界。

Exhibited artists are David Fokos, who pursues minimal and sophisticated beauty; Naoki Kimura, who has gained popularity with a collaborative exhibition with an interior designer ; Takeshi Kainuma, who in the series Bush captured the essential "light" and "existence" in wild weeds found in a city that appears inorganic as if rejecting everything; and Coju Hemmi whose works invite us on a journey and causes subtle rippling waves in our minds.

ミニマルで洗練された美の世界を追求する David Fokos、インテリアとコラ ボレートした展示で好評を博した木村尚樹、一見無機質な都会の雑草の中 に息づく「光」と「生」を捉え、限りなく白=無の世界へと近づいた海沼 武史の『Bush』。また Coju Hemmi の作品は、見る者を旅へといざない、心 のうちにさざ波のようなやわらかな波紋を作り出します。

NAOKI KIMURA Exhibition

2009.06.02 tue- 06.27 sat

木村尚樹展 「凪」立ち上がる、たまゆらの時。

Naoki Kimura is a fine art photographer who lives in New York City. After going to the US in 1987, he completed a Master’s Degree in art history, with an emphasis on Renaissance art. One of his research topics was iconology and its transformation in historical consciousness, and the method he used to analyze this phenomenon led him to form a novel world view synthesizing the classical and modern.

 

All phenomena around the subject – temperature, moisture, natural and manmade light – form a fleeting instant of beauty. This ephemeral beauty is Kimura’s nagi.

 

 With no empty technical flourishes to fall back on, he crosses the boundary all alone. In this sense, Kimura’s work is the essence of photographic expression.     

 

木村尚樹。N.Y在住、写真作家。1987年に渡米し、大学院にてイタリア・ルネッサンス期を中心とした美学美術史を専攻、修了。イコノロジー(図像解釈学)の歴史的意識の変遷を読み解く手法を通じ、古典と現代をクロスさせた独特の世界観を創り上げた。歴史の重みを染みこませた場所。

ベールのように降りてくる光。辺りを包み込むような光。暗闇に鋭く差し込む光。被写体を取りまく温度や湿度。すべての事象がつくり出すつかの間の美の瞬間を、木村は「凪」と呼ぶ。

虚飾に頼らず、ぎりぎりの境界線を身ひとつで渡るような危うさがある。

木村作品は、そのような意味で写真表現の原点である。   

木 村 尚 樹

fine art photography

  • グレーInstagramのアイコン

Copyright © 2020 Naoki Kimura All rights reserved.